記事一覧
メルマガ「共創コーチング®」稲垣 友仁

成功に影響する非認知能力

Group of diligent schoolchildren looking at camera in school

【「学力」の経済学(つづき)】
コーチング・システムズの稲垣友仁(ジョニー)
です。
今日から、宇都宮大学の講義で宇都宮に来てい
ます。こちらで「共創コーチング」の講義をさ
せていただき8年目になりました。

当社の共創コーチングに行きつく、きっかけを
いただいた大切な場所です。
今年も、アップデートされたスキルをもって、
学生達と関わってこようと思っています。
今回も、前回に引き続き、『「学力」の経済学』
(中室牧子著 ディスカヴァー・トゥエンティ
ワン)という本からのお話しです。
⇒ http://amzn.to/23C6vKh

前回のメルマガでお伝えしたことは、下記の2点
です。

1.子どもの学力に影響する要因は大きく分ける
と、下記の2要因に分けられます。

「家庭の資源(親の所得や学歴、家族構成、塾
や習い事への支出、家庭学習の習慣など)」

「学校の資源(教員の数や質、宿題や課外活動、
授業時間、カリキュラムなど)」

の2要因です。

それらが互いに、子どもの学力に50%ずつ影響
している。なので、学校がいくらがんばっても、
子どもを変えようと思ったら家庭の協力も必要で
ある。

2.しかし、上記のパーセンテージを超えていく
『教師の質』があり、特定の先生の教えた子ども
は学力が上がるばかりでなく、将来、“幸せに成
功する確率”が高くなる。
というお話しでした。
私が関心があるのは、そのパーセンテージを超え
ていくような『教師』とは、どのような特質を
持っているのか?ということです。
実は、これについて私自身、20年ぐらい研究を
してきています。
研究してきた結果を、この場でお伝えしたいので
すが、その前に、もう一点、お伝えしておかなけ
ればいけない、重要な視点が1つあります。

今日は、そのことについて話していきますね。

『学力』という成果に向けて、勉強だけすれば
いいのか?

繰り返しドリル的なトレーニングを積み上げて
いけば学力(成果)は上がるのか?
教育に関する永遠のテーマかもしれません。
実は、これに対する答えを教えてくれる研究が
あります。
1960年代に、シカゴ大学のヘックマン教授ら
が行ったペリー幼稚園プログラムという研究です。
この研究では、ペリー幼稚園に参加した子ども達
のIQが年齢とともにどのように変化したかを
生涯に渡り追跡しているそうです。
そこで、おもしろい結果が出たので、書籍からの
抜粋ということで紹介しますね。
—————————————————————-

ペリー幼稚園プログラムによって改善されたの
は、『非認知スキル』または『非認知能力』と
呼ばれるものでした。
これは、IQや学力テストで計測される認知能力
とは違い、「忍耐能力がある」とか、「社会性が
ある」とか、「意欲的である」といった、人間の
気質や性格的な特徴のようなものを指します。
一般的に「生きる力」と言われるものでしょうか。
非認知能力とは、下記のようなものを言います。

・自己認識(Self-Perception)
ー自分に対する自信がある、やり抜く力がある

・意欲(Motivation)
ーやる気がある、意欲的である

・忍耐力(Perseverance)
ー忍耐強い、粘り強い、根気がある、気概がある

・自制心(Self-Control)
ー意志力が強い、精神力が強い、自制心がある

・メタ認知ストラテジー(Metacognitive Strategies)
ー理解度を把握する、自分の状況を把握する

・社会的適正(Social Comoetencies)
ーリーダーシップがある、社会性がある

・回復力と対処能力(Resilience and Coping)
ーすぐに立ち直る、うまく対応する。

・創造性(Creativity)
ー創造性に富む、工夫する

・性格的な特性(Big 5)
ー神経質、外交的、好奇心が強い、協調性が
ある、誠実である
『気質や性格的な特徴である非認知能力は、本来
目に見えないものですが、「自尊心」を計測した
のと同じような心理学的な方法を使って、数値化
することが出来ます。
そして、その数値を分析した結果、非認知能力は、
認知能力の形成にも一役買っているだけでなく、
将来の「年収」、「学歴」や「就業形態」などの
労働市場における成果にも大きく影響することが
明らかになってきたのです。

—————————————————————-

『ヘックマン教授らは、学力テストでは計測する
ことができない非認知能力が、人生の成功において
極めて重要であることを強調しています。
また、「誠実さ」、「忍耐強さ」、「社交性」、
「好奇心の強さ」と言った“非認知能力”は、
「人から学び、獲得するものである」ことも。
恐らく、学校とはただ単に勉強をする場所ではなく
先生や同級生から多くのことを学び、「非認知能力」
を培う場所であるということなのでしょう。』

—————————————————————-

ということです。
「学力」は、単にIQだけでなく、非認知能力が
影響しているのです。
まさに、学校は、“テストで良い点を取るため
だけに存在する”のではなく、学級活動や部活動
や委員会活動などあらゆる学校活動を通して、
生徒の非認知能力を上げていく、要するに、
「生きる力」をつけるために存在するのです。
それが、生徒の「将来の幸せ」や「成功」に結び
つくのです。
実は、この「非認知能力」は、学校の生徒だけに
限ったことではありません。
書籍では、

—————————————————————-

『この調査から導き出された結論は、「学力」を
アップするということもさておきながら、社会的
に活躍できる人材になるためには、幼児期の学習
環境が重要だということなのですが、これは、
幼児期に限定された現象ではありません。
たとえば、1日30分でいいからランニングを
継続するなど、大人になってからでも非認知能力
をアップする方法はいくらでもあります。
ただし、勘違いしないで欲しいのは、それは、
「根性を鍛えろ」ということではありません。
これまで避けてきたことを、仕組み化して習慣に
することに意味があります。
こうした経験の積み重ねによって、IQとは違う、
仕事に必要な能力が確実に鍛えられるのです。』

—————————————————————-

ということで、要するに、社会人も非認知能力を
高めることは出来るし、必要だということです。
私たちは現在、人材育成の分野で多くの社会人の
方々と接しています。
まだ、きちんとしたデーターはありませんが、
やはりそこでも、「非認知能力」の高い方が成功
していると感じていました。
きちんと仕事をやり抜く力や、協調性、誠実さが
ある方など、すばらしい結果を残している方こそ、
そういった非認知能力が高いように思います。
そういった目には見えないけれども、成功するため
に必要な能力があり、それが高い人が実際に成功
しているということです。
冒頭でお伝えした『出来る教師』も、この非認知
能力が高いように思います。

そして、そういった『出来る教師』は、生徒にア
プローチするときに、非認知能力を伸ばすような
取り組みを取り入れています。

ぜひ、「非認知能力」を意識しながら、日々の行
動を変えていただければと思います。
今日も最後までお読み頂きましてありがとうござ
います。
次回もお楽しみに。

愚痴を話されたらあなたはどうしますか?
一覧に戻る
今日大切にしたい事は?
研修と教育でリーダーを育成する【共創コーチング】
© 2016 Coaching Systems Inc.