記事一覧
メルマガ「共創コーチング®」稲垣 陽子

相手の発想を引き出す質問

稲垣陽子です。

週末2/11は、クリエイティブディレクターの江上隆夫さんをお招きし、コーチングライブを行いました。

江上さんは、著名な化粧品会社や飲料メーカーのブランディングなどを手がけている、一流のクリエイティブディレクターです。

 

今回は、

「発想(アイデア)を引き出すコーチング術」

と題して講演をしてもらいました。

 

皆さんは、相手の発想を引き出そうと思う時、どんな質問をしていますか?

人によっては、奇抜な質問や斬新な質問をしなければ、と思う人もいると思います。

もちろんそういう質問も有効ではあります。

 

江上さん曰く、そもそも発想とは、枠組から視点を外した時に、降りてくるものであり、

質問は、その人の枠組みを外す時に役に立つ、という話でした。

その時には、奇抜な質問だけではなく、本質を振り返るような質問も役に立つ、ということを今回、私は改めて学びました。

 

本質を振り返る、とは、どういうことでしょうか。

例えば、一流のコピーライターは、アイスクリームのCMを作る、となった場合、どう作ろうか、と思いめぐらす前に、そもそも人はどういう時に冷たいものを食べたいと思うのか、ということから考えるそうです。

コーチングも同じで、本質を振り返るには、「そもそも」について聞いていく質問ができると思いました。

 

その例として、実際のワークでは、「本当にそう?」という質問を取り入れてみんなで練習をしました。

課題を話してもらって、「本当にそう?」と問います。

参加者の感想の中には、本当にそう、と聞かれることで、違うかもしれない、もっと他にあるかもしれないと思いがめぐり、自分の意識の深い部分に行くことができたという声がありました。

また、確かにそうなんだ、と改めて決断する機会になった、という声もありました。

もう一歩深く自分の本質を問うことで、課題解決につながる発想が自然と降りてくるのです。

 

皆さんも、ぜひ試してみてください。

 

参考文献

降りてくる思考法~世界一クレイジーでクリエイティブな問題解決スキル~

江上隆夫著 SBクリエイティブ社刊

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797385650/passionforlif-22

 

sea-water_zkmJ1PYd
あなたの不安はどこにある?
一覧に戻る
目標設定時の考え方
研修と教育でリーダーを育成する【共創コーチング】
© 2016 Coaching Systems Inc.