メルマガ登録

月曜朝の30秒で、今週の意識が変わる
「共創コーチング®メールマガジン」

「共創コーチング®」の技術を、日常的に使える形でお伝えするメールマガジン。
週のスタート時にこのメールマガジンを受け取ることで、人とのコミュニケーションに対する意識付けが行われ、職場や教室、家庭などで違いがでてくることでしょう。

メールマガジンの登録者は、リーダー、教師、指導者、保護者など相手に対して責任を伴う方々がほとんどです。読者の感想をご覧ください。

「共創コーチング®メールマガジン」登録フォーム

毎週月曜日の朝8時に定期配信しております。
メルマガの購読は【無料】です。下記の登録フォームよりご登録お願いします。

お名前 姓: 名:
メールアドレス
都道府県

【ご購読登録の注意点】

※ 携帯メールアドレスでご登録の場合、PCメールの受信許可、または、info@coaching-syst.co.jpからのメール受信許可の設定を行って下さい。

※ 購読登録の確認メールが、「迷惑メールフォルダ」に自動振分けされてしまうことがございますので、ご登録後の確認メールをご確認下さい。

受講者の感想

  • 今日からまず、自分の行動から変えて職場の雰囲気を変えようと思い、いつもの眉間のシワをなくし柔らかい表情で会話することを心掛けてます。

    公務員 管理職 男性

  • 人との関わり方について毎回心に響くメッセージをいただき嬉しいです。

    税理士 女性

  • 「一緒に悩まないで、もう少し他人ごととして引いて聞くこと」という言葉で、ズドン!と腑に落ちました。

    会社員 男性

  • メルマガ毎週楽しみにしています。月曜日8時過ぎ。
    めっちゃナイスな時間です。フラットな自分になって、職場へ向かいます。

    会社員 女性

  • 受験生を持つ親として、子どもとの会話のヒントにしていました。おかげさまで、第一志望の東京大学に合格しました。

    教員 女性

  • 今日のメールの内容を、夏休みの宿題を終えた8歳の息子にしてみようと思います。

    会社員 女性

メルマガ登録 メールマガジン共創コーチング®

メールマガジンサンプル

株式会社コーチング・システムズ公式メルマガ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
共創コーチング☆Co-Creative Coaching
~答えは、あなたと私の間にある~
2016/5/23号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「言いにくい注意をする時ほどラポールを」

おはようございます。稲垣友仁です。

今日は、「ラポール」という言葉について紹介します。
もともとは心理学の用語で、セラピストとクライアントとの間の、互いに信頼し合い、安心して感情の交流を行うことができる関係が成立している、心的融和状態のことを表します。

人間関係においてもこの言葉はよく使用されていて、他者とのコミュニケーションにおける土台として、「相互に信頼している状態」のことを、広く一般的に「ラポール」とも言われます。

ラポールとは、フランス語で「橋をかける」という意味で、相手と自分との間に橋が架かっている状態、すなわち、心が通じ合い、互いに信頼し、相手を受け入れている状態を指します。

ラポールを築くことは、人間関係においてとても重要となります。

ラポールがあれば、言いにくいことも相手が受け取ってくれる可能性は高まります。

逆を言うと、相手とのラポールがない場合は、相手はこちらの話を受け取ってくれない可能性が高まります。


ラポールを築くために良いとされている方法が下記となります。

・相手に動作を合わせる(ミラーリング)
・相手の相手の話し方や状態、呼吸などに自分を合わせる(ペーシング)
・相手の言葉を繰り替える(オウム返し)などいくつか方法があります。


実際的な話で行くと、下記のような行動でもラポールが築けるのではないかと思います。

・天気の話をする
・相手の趣味について聞く
・お菓子を上げる
・お土産を渡す
・相手の興味にある話について話題を提供する


今日は特に、部下や子どもに、言いにくいことを注意しなければならない時にラポールを築いていただくことをお勧めします。

多くの方が、注意する時に、いきなり怖い顔をして、深刻な顔をして話をし始めます。当然、相手も緊張するので、話を聞きたくないと逃げ腰になります。そうすると本当の反省になりません。

いろいろな上司と関わっていると、うまくやっている人ほど、注意をする時に、最初の段階でラポールを築こうとしていることに気づきます。

自分の失敗談を話し始めたり、ケーキを一緒に食べたりなどしながら、相手の話も聞き、最終的に言わなければならないところは、声のトーンを落として相手にズバッと伝える。

そして、そのフォローとして、相手の気持ちを聞いたりしながら明るい気持ちで相手を返すことにとても注意を払っています。当然、反省させることになるので、きちんと落ち込ませることも大切ですが、緩急をつけて相手のメンタルケアを行いながら配慮し関わっていくことはとても大切かと思います。


この1週間は相手とのラポールをテーマに過ごしてみて下さい。		
メルマガ登録 メールマガジン共創コーチング®
© 2016 Coaching Systems Inc.